Q:今回ご自宅を新築されるにあたって、注文住宅と建売住宅で迷われましたか?

(ご主人様)最初から注文住宅にきめていました。やっぱり「決まったものより気に入ったもの」という考えで夫婦で決めていました。

というのも地元で商売をしているんですが、その家業、事業が始まった土地という思い入れがありましたし、父親の思い出を残った外壁を新しい家にも活かしたり。そういった家づくりをしたいと思っていました。

Q:実際に設計をはじめてから、どうでしたか?

(ご主人様)提案の引き出しがすごいなって思いました。こちらからの要望をお伝えすると図面を書きながら提案してもらえたのがうれしかったです。

たとえば今回どうしても東向きの家にしたくて、普通は南向きにしますよね。でも東向きでもリビングが明るい家になりました。

(奥様)なんども家にお打ち合わせにきていただきましたし、大手だとどうしても決められたパッケージになってしまいますよね。森戸さんには「こんな感じ」を図面にしてもらえました。

Q:とくに印象に残っていることがありますか?

(ご主人様)森戸さんと一緒に過ごした時間ですね。じつはクルマでドライブしながらいい家を見に行ったり、ショールームにも一緒に来てもらえたんですよ。いい家づくりのイメージを共有できました。

そこでいろんな話をしながら、素人では気づかない提案をしていただきました。たとえば間接照明による演出とか、窓の大きさ、室外機の場所などの防犯のノウハウ、空調の流れの工夫とかですね。本当にエアコンもすごい効くんです。

Q:実際に家が完成されてから住みごこちはどうでしょうか?

(奥様)実際住んでみて理想とずれがほとんどありません。むしろ出来上がってからのほうが設計のときに気づかなかったような驚きがたくさんありました。たくさんの収納や、室内に洗濯物を干せるスペースなどは本当に助かっています。もう本当に理想の家です。

Q:いま「理想の家」をどのように楽しんでいらっしゃいますか?

(奥様)家が新しくなって明るくなってから、こどものお友達もよく来てくれるようになりました。こどもたちがリビングで仲良くしているのをコーヒー飲みながら眺めているときが本当に幸せです。

(ご主人様)ぼくはリビングに隣接する和のスペースがあるんですが、そこで妻をマッサージするときがあるんですが、そういう時間に幸せを感じます。とくにリビングからのぼる階段が最高のお気に入りです。

Q:最後に「家づくり」の一言で表現していただいてもいいでしょうか?

(奥様)わたしは「夢がカタチに」ですね。

(ご主人様)ぼくは「帰りたくなる家ができた」でしょうか。森戸さんがいなかったらこの家は絶対できなかったと思います。本当にありがとうございました。

更新日:

Copyright© MORITO建築アトリエ |森戸克行 , 2020 All Rights Reserved.